MENU

陰部の黒ずみとさよなら

 

女性で陰部の黒ずみを気にする人は非常に多いです。
デリケートゾーンとなる陰部の色が黒い女性は遊んでいると男性が考えていることもあり、多くの人が薄くしたいと考えています。

 

実際の原因に関しては刺激によって体内で生成がされたメラニンの色素沈着なので関係はありません。しかし、都市伝説とも言われている陰部の黒ずみは尻軽女ってのが根強く印象づいてしまっているのですね。

 

最近ではデリケートゾーンの脱毛がはやった為に陰部の毛が無くなり黒いことに気づく女性も多いです。もしかしてあなたも脱毛をしたり、彼氏に指摘されたのではありませんか?

 

これらをきっかけに陰部の黒ずみを美白ケアしていく女性ってのは非常に多いですよ。

 

陰部の黒ずみとさよならでは美白する為の薬やクリームについて解説をしています。

 

彼氏に尻軽女って思われたくない!
ワントーン明るい色にしたい!

 

本気で美白をしたいと考えている方はこのまま読み続けて頂ければと思います。

 

陰部の黒ずみを美白する方法!クリームや薬を使った3種類のケア

 

黒ずみを美白する方法としては3種類あります。

 

  • 美白するクリーム
  • 黒ずみを解消する薬(ハイドロキノン・トレチノイン
  • ヨーグルトのホエイ

 

この中でも人気があるのが陰部の黒ずみ用の低刺激の美白クリームです。

 

黒ずみを解消する薬としてハイドロキノンやトレチノインと呼ばれる薬は色が白くなったて人も多く、とても人気のある薬品です。しかし、刺激も強く肌への副作用もあることからデリケートゾーンである陰部に使用をするのは副作用のリスクがあり、非常にリスクの高い方法です。

 

また、ヨーグルトに含まれたホエイと呼ばれる白い液体を使った方法もありますが、都市伝説とも言われるように効き目を感じている人の口コミなどはほぼありません。しかし、陰部の黒ずみ用の美白クリームであれば、医薬品のような副作用の心配をせず、化粧品とは違い医薬部外品となっています。そのため、美白クリームを使って美白ケアをしていく方法が人気ととなっているのですね。

 

陰部黒ずみを美白するクリームの選び方

 

陰部用の美白クリームといっても種類は非常に多いです。そのため、選び方の3つのポイントを解説していきます。

 

  1. 医薬部外品であること
  2. 陰部に使用できる低刺激の美白クリーム
  3. 評判が良い

 

まず前提としてきちんと美白成分が配合されているものを選ぶようにしましょう。肌を明るくのように紹介されている化粧品で美白成分が配合されていないものもあります。

 

医薬部外品で黒ずみを美白するクリームを使うようにしましょう。

 

また、陰部は皮膚が薄い為デリケートゾーンとなっています。そのため、刺激を与えてしまうと逆にメラニンを生成して色を余計に黒くしてしまう可能性があります。そのため、陰部にも使えるように明記されているような低刺激のクリームを選ぶのはかかせません。

 

化粧品といっても肌質など人によって異なるのですべての人に効果があるような万能薬ではありません。できるだけ評判の良いクリームを選ぶことで失敗するのを防ぐことができるはずです。

 

おすすめの陰部の黒ずみクリームランキング!

ホワイトラグジュアリープレミアム

ホワイトラグジュアリープレミアム

 

乳首や陰部の黒ずみに使える美白クリームとして人気なのがホワイトラグジュアリープレミアムです。

 

2年連続でモンドセレクションにも受賞をしており、2016年・2017年の共に人気があります。また、口コミ総選挙アワードでも美白部門での受賞やTV番組でも紹介されたなど、評判が高くなっています。

 

最大の特徴として浸透力の異なる3種類のビタミンを独自処方している点です。

 

角質層・基底層・真皮層と肌の表面から奥の方へと浸透力の違う成分がそれぞれ浸透をしていきます。そのためか効果に満足している人が非常に多いです。

 

私も実際に使ったことがあり、陰部や乳首の美白クリームならこれがおすすめとなります。

 

イビサクリーム

イビサクリーム

 

脱毛サロンが開発したクリームとして人気なのがイビサクリームです。

 

もともとデリケートゾーンを専門的に扱う脱毛サロンによって作られたこともあり、陰部用として低刺激にこだわって作られています。黒ずみの原因となっているメラニンの生成を抑制する美白成分のトラキネムサム酸と肌荒れを防止するグリチルリチン酸2Kを配合しています。

 

また、4種類の植物成分を配合するなど、とにかく低刺激にこだわって作られています。

 

敏感肌の人で肌荒れを引き起こしやすいって人にならイビサクリームがおすすめです。

 

ピューレパール

ピューレパール

 

脇の黒ずみクリームとして大人気となったのがピューレパールです。

 

脇の美白クリームとして人気とはなっていますが、全身に使うことができるように低刺激となっています。

 

高級化粧品にも配合されていることの多いプラセンタをはじめトリプルヒアルロン酸やトリプルコラーゲンなどを配合しており、潤い成分をたっぷりと凝縮したクリームとなっています。

 

とにかく保湿に力を入れているのを感じることができるクリームとなっています。

 

陰部だけでなくワキの黒ずみも気になるって人であればおすすめすることができるクリームです。

 

人気の美白クリームの口コミ!使った人の評判が気になる人は?

 

陰部のクリームといっても種類は沢山あります。
ただ、誰にでもおすすめのクリームってのは選ぶことはできないです。

 

人によって肌質も異なりますし、状況も異なってきます。

 

陰部の黒ずみをどうにかしたいって人なら2年連続でモンドセレクションに受賞し、私も使ったことがあるホワイトラグジュアリープレミアムがおすすめです。
ただ、敏感肌で化粧品によって良く肌荒れを起こすのであればイビサクリームがおすすめとなります。

 

どちらのクリームに関しても私は使用をしたことがあるので、口コミレビューを行っています。
どの美白クリームを使うか迷ってしまう人は口コミをご覧頂ければと思います。

 

⇒陰部の美白クリーム口コミへ

 

陰部の黒ずみ薬を使った方法!ハイドロキノンは病院での処方

 

陰部の黒ずみを美白する方法でも紹介をしたのですが、薬としてハイドロキノンと呼ばれる物があります。
肌の漂白剤とも呼ばれ肌を白くする効き目が強いと評判で、薬を使おうか気になっている人もいるかと思います。

 

ハイドロキノンの副作用としては炎症・黒ずみの悪化・白班などがあります。

 

白斑とは斑点のように肌に真っ白な部分がポツポツとできてしまう症状です。肌を白くしすぎてしまう為に美しい自然な肌ではなく、真っ白にしてしまうのですね。

 

黒ずみ薬としてハイドロキノンとトレチノインは有名な薬ではありますが、陰部はデリケートゾーンなので使用をするのはおすすめすることができないです。また、肌への影響の強い医薬品となるので、黒ずみ使うような濃度の高いのは日本では医師の処方が無ければ販売してはいけない薬です。

 

そのため、病院で処方をして貰う必要があります。

 

一部の国では規制がされていないので薬局で販売されていることから個人輸入で購入することはできます。ただ、日本で医師の処方が必要となる副作用のある薬を海外から仕入れて、説明なしに利用をするのはおすすめできません。

 

陰部の黒ずみを白くする薬について詳しく知りたい方へ

 

ハイドロキノンやトレチノインは副作用のある薬なのでおすすめできない旨は説明させて頂きました。

 

しかし、それでもどうしても短期間で色を白くしたいって人で使おうか考えてしまう人も多いです。そのため、陰部の黒ずみを白くする薬について別ページでまとめて紹介をしているので気になる方はご覧ください。

 

どうしても即効性のある肌を白くする方法を探している人はいると思いますが、副作用のある薬なのでくれぐれも安易に手を出すのではなく、きちんとリスクを把握してから利用をするようにしてください。

 

陰部の黒ずみを白くする効く薬のまとめへ

 

陰部の黒ずみを病院で治療する方法!レーザー治療について

 

陰部の黒ずみは美容皮膚科や美容整形外科などの美容クリニックでレーザーによる治療が行われています。

 

からだの健康に関する問題では無い為、病院ではありますが健康保険の適用がされません。そのため、高額な治療費が必要となるので一部の人しか利用をするのは難しいですが、レーザー治療もひとつの方法となります。

 

高額なレーザーなら即効性があると勘違いをしている人もいますが、そんなことはありません。

 

治療費としては1回2万円程度も出せば行うこともできますが、トータルで10回施術が必要となることもあります。高いから効き目が高かったり即効性がある訳ではないのですね。

 

その点については勘違いをしないようにしましょう。

 

レーザー治療について詳しく知りたい方へ

 

高額な治療費を払うことはできるからレーザーについて詳しく知りたいって人も多いかと思います。

 

そんな人の為に病院での黒ずみ治療についてもまとめてみました。

 

レーザーの施術はどのように行われているのかなど詳しく解説していますので、気になる方はご覧ください。

 

陰部の黒ずみを病院で治療へ

 

どの方法で黒ずみを美白するか迷っている人へ!陰部の美白ケアのまとめ

 

陰部の黒ずみを美白するケアとして薬・美白化粧品・レーザー治療と3種類の方法を紹介させて頂きました。

 

副作用のある方法もあれば、高額な治療費もかかる方法もあります。しかし、すべての人がこの方法で美白をした方が良いなんて特別なものはありません。

 

個人的には病院へ行くのは恥ずかしい・めんどくさいってタイプですし、高額な治療費が払えるほど豊かではありません。必ず満足する効果がでるのであれば少しは考えるもののそうとは限りません。

 

また、副作用のある方法を利用して後ほど後悔をしても後戻りをすることもできないです。

 

そのため、私と同じようなタイプであれば医薬部外品の美白クリームを使った方法がおすすめとなります。
利用者も多く効果に満足しているって人も多いクリームもありますからね。

 

更新履歴