MENU

陰部の黒ずみとさよなら

 

女性で陰部の黒ずみを気にする人は非常に多いです。
乳首やデリケートゾーンの色が黒い女性は遊んでいると男性が考えていることもあり、多くの人が薄くしたいと考えています。

 

特に脱毛サロンでおまたの毛をそった際に黒ずみがあることに気づく人が多いです。
男性で直接お前黒いよなんていう人も少ないので彼氏は実は尻軽女と内心思っていた可能性もあるのですね。

 

尻軽女ではないのに遊んでいる女と思われるのは非常に嫌なので陰部の黒ずみを美白をする人はどんどん増えています。
インターネット通販が復旧した関係で誰にもばれずに購入することができ、美白を実践しやすくなってのもひとつの理由ではないでしょうか!?

 

陰部の黒ずみとさよならではデリケートゾーンの美白をする方法を紹介していきます。

 

陰部の黒ずみを美白する方法

 

黒ずみを美白する方法としては3種類あります。

 

  • 陰部黒ずみクリーム
  • ハイドロキノン
  • ヨーグルトのホエイ

 

このなかでも圧倒的に人気が高いのがクリームを使った方法です。安全で厚生労働省から美白効果があると認められている成分が配合されており、医薬部外品として認定されているのだと効き目を感じている人は非常に多いです。

 

美白成分として肌の漂白剤なんて呼ばれ、黒ずみの原因となっている色素沈着しているメラニンを除去する効果があると有名な成分がハイドロキノンです。ただ、デメリットが非常に大きいのであまり利用しない人が多いです。

 

ヨーグルトのホエイは一時期はやったのですが、効果を全く感じていない人が多いです。

 

この3つの方法はそれぞれメリットとデメリットがあるのでひとつづつ紹介していきます。

 

陰部黒ずみクリーム

 

陰部の黒ずみクリームとはデリケートゾーンにも使えるように低刺激な成分によって作られた美白クリームです。

 

美白成分と肌の奥深くまで浸透する成分を配合し、毎日塗ってケアすることによって美白効果を体験することができます。最近では医薬部外品として厚生労働省に効果が認められているクリームや陰部の脱毛サロン専門店が開発したクリームなども販売がされ、利用者がどんどん増えている傾向にあります。

 

メリットとしては効果を実感している人が多く、肌にやさしいので安全な黒ずみケアを行えます。

 

デメリット

 

デメリットとしては通販限定での販売がされているクリームが多いこと。

 

薬局やドラッグストアなどの市販の店舗で店頭に並べたとしても陰部の黒ずみクリームってのもあり販売がされていない商品が多いです。店員に販売している棚を聞いたりレジに持っていくのも恥ずかしいって人が多いため、あまりこういった商品は市販がされてません。

 

医薬部外品などに認定されているクリームに関してはわたしの知る限り全て通販限定での販売がされています。

 

ハイドロキノン

 

ハイドロキノンとトレチノインと2つを利用した方法となります。

 

この2つの成分は肌の漂白剤とも呼ばれ高級美白化粧品に配合されていることも多い成分です。しかし、陰部の黒ずみケアをする際には化粧品としての配合して良い規定の量よりも多い配合率となっていた医薬品を使うことになります。

 

美白効果は高いのですが医者の処方なしでは日本では販売してはいけないほど肌に与える刺激の多い成分となるので、逆に刺激からメラニンが分泌され黒ずんでしまうことがあるリスクのある方法です。

 

入手方法としては輸入代行業者と呼ばれる海外から変わりに仕入れてくれる会社を利用します。あなたの変わりに買い付けに海外にいくのであって、販売をしている訳ではないので問題はなく、通販を利用するのと同じ感覚で購入が可能です。

 

デメリット

 

デメリットとしては刺激から余計に黒ずんでしまう可能性があることです。

 

もともと日本では医者の許可なしでは販売してはいけないクリームを通販感覚でよく分からずに購入してしまう人も多く、逆に色が黒くなったと後悔している人も多いです。

 

陰部はデリケートゾーンとも呼ばれるように他の部位に比べ刺激に注意しなければなりません。輸入代行業者を利用することで通販感覚で購入できますが、日本では処方箋無しでは販売してはいけない薬を利用するのを忘れてはいけません。

 

ヨーグルトのホエイ

 

2年ほど前にTVなどで紹介されて一時期利用者が増えたのがヨーグルトに含まれているホエイを塗るといった方法です。

 

ヨーグルトのフタを開けると透明な液体が浮いているのですが、この液体をホエイと呼びビタミンなどが豊富に含まれた美容に効果的な成分です。

 

美白効果のある成分も配合がされているので価格も安くお手軽に利用することができる方法です。

 

デメリット

 

美白成分が配合されてはいるものの黒ずみを美白する為に作られているクリームに比べると配合量であったり優れた成分が配合されていません。

 

そのためか効果があらわれたと言っている口コミを見かけることはほとんどありません。
安くて利用できるからと実践はしてみるものの多くの人が効き目がなく挫折してクリームを使う方法に切り替えています。

 

美白効果はあまり期待できないと考えた方がいいです。

 

陰部の黒ずみに人気なのは?

 

陰部の黒ずみに使うのであれば低刺激なのを選らばなければなりません。

 

ハイドロキノンは効果的な成分ではあるのですが、付けるとほぼ全ての人が赤くなったりします。それだけ刺激が非常に強い成分なのです。

 

美白をしたいのに色が更に黒くなってしまってはしょうがありません。顔や手につけるのさえ厳禁な配合量をデリケートゾーンにつける訳なのでリスクが非常に高い方法となります。

 

人気の方法としては陰部黒ずみクリームです。

 

リスクもなければきちんと国が美白効果があると認めている成分も配合がされています。効き目を感じるまでに早い人で2週間程度だったりします。

 

ただ、黒ずみはすぐにどうにかなるものではないので満足するまでの効果を得るには最低でも3ヶ月程度は使い続けるようにしましょう。