MENU

陰部の黒ずみを解消するケアには注意も必要

 

黒ずみに悩む女性

 

陰部が黒いと尻軽女と彼氏に思われてしまうことも多いです。
その為、多くの人が陰部の黒ずみケアをするようになりました。

 

最近ではデリケートゾーンの脱毛が流行った背景もあり、陰毛が無くなることでわたしの陰部がこんなに黒いなんて気づく人は増えています。

 

しかし、いざ黒ずみのケアをしようと思っても、顔とは違いデリケートな部分となるので心配になることなどや注意をした方がいいこともあります。そのため、ここでは陰部の黒ずみを美白して解消する為のケアについて解説をしていきます。

 

顔の化粧水を使おうと思っていませんか?とりあえず薬を探してみるかと思っていませんか?
陰部は皮膚が薄いので下手にケアをしてしまうと黒ずみを悪化させてしまう副作用のリスクもあるので、これからケアをしようとしている人は必ずご覧ください。

陰部の黒ずみを解消するケアは4種類ある

 

陰部の黒ずみを解消するケアとしては4種類ほどあります。

 

  1. 黒ずみクリームで美白ケア
  2. 顔用の化粧品でケア
  3. 病院で処方される薬を使う
  4. 美容皮膚科でのレーザー処方

 

この中でも高額な治療費がかかるのが美容皮膚科でのレーザーです。健康保険を使うことができず、総額で10万円以上の覚悟が必要となるので、敷地は非常に高くなっています。

 

その為、多くの人が使うのが黒ずみクリームや顔用の化粧水を使ったケアです。

 

しかし、顔用の化粧水や薬に関しては副作用のリスクがあります。顔ではなくデリケートな陰部に使うことで黒ずみを悪化させるリスクは他の部位に比べ多角なってしまうので、おすすめできないです。

 

おすすめが黒ずみクリームを使ったケア

 

黒ずみを解消するケアとして人気であり、おすすめなのが黒ずみクリームを使った方法です。
医薬部外品となっている陰部に使える美白成分と保湿成分が含まれたクリームとなります。

 

病院での治療のように高額な治療費はかからず、薬のように副作用の面でも安心ですし、病院で処方をして貰う必要もありません。そもそも陰部の黒ずみに使う為に作られた物となっています。

 

効き目を実感している人は非常に多いので、おすすめすることができるケア方法です。

 

黒ずみクリームを使う人が非常に多く、人気がありますが、安全面や効果や金銭面などきちんとそれなりの理由があるのですね。安全に使うことができ、高額な治療費もかからず、効き目を感じている人が多いのが人気の理由になってます。

 

おすすめできない陰部の黒ずみケア

 

ケアを注意する女性

 

陰部の黒ずみケアとして効き目を感じることはできる可能性はありますが、おすすめできない方法があります。

 

  1. 黒ずみ薬のハイドロキノンやトレチノイン
  2. 顔用の美白化粧水や化粧品を使う

 

特に顔用に関してはそもそも陰部に使うように作られてはいないのでおすすめすることはできないです。美白成分と保湿成分が含まれているので、効き目を感じることができる可能性は確かにあります。

 

その為、ケアとしては効き目はありますが、デメリットが生じる可能性があります。

 

顔用の化粧品や化粧水でのケアは注意

 

顔用の化粧水をおすすめできない理由としては刺激のある成分です。

 

そもそも顔やボディケアとして作られているので、陰部に使うようには想定されていません。しかし、陰部はデリケートゾーンとも呼ばれ、皮膚の層が薄く刺激に弱くなっています。

 

その為、顔であれば問題はなくとも陰部だと副作用が起きる可能性があるのですね。

 

黒ずみの原因は刺激によるメラニンの色素沈着です。その為、顔用の化粧品を使うことで逆に黒ずみを悪化させてしまったり、肌が荒れたりなどの副作用が生じる可能性があります。

 

もっと詳しく知りたい人は下記で解説しているのでご覧ください。
陰部の黒ずみに顔用の化粧水や化粧品で美白ケアをする副作用!

 

黒ずみ用の薬はクリームより即効性はある!ただ陰部へのリスクと副作用がある

 

薬

 

黒ずみ用の薬としてあるのがハイドロキノンとトレチノインです。

 

特にハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれるほど効き目は高いですが、この2つの薬は刺激が非常に強く副作用のリスクが非常に高いです。基本的にはこの2つの薬の両方とも使うのが薬を使ったケアとなります。

 

美白化粧品などにもハイドロキノンは含まれていることもありますが、濃度が薄いものとなります。薬となっているのは濃度が高く、副作用のリスクも非常に高いので、医師の許可なしでは販売をしてはいけない薬に分類されます。

 

その為、薬局などでは市販がされておらず、病院で処方をして貰う必要のある薬となっています。
肌の漂白剤と呼ばれ効果が非常に高いことで知られますが、それだけリスクも高い薬となっているのですね。

 

他の部位でさえリスクが非常に高いのに、皮膚の薄い陰部に使うのはあまりおすすめできないです。

 

もっと詳しく知りたい方は下記をご覧ください。
陰部の黒ずみに効く薬のまとめ!市販薬の効果や副作用

 

陰部の黒ずみケアのまとめ

 

陰部の黒ずみケアの方法としてクリームが人気が高いのはそれなりの理由があるのですね。

 

その他の部位であれば薬や顔用の美白化粧水を使った方法もいいかも知れません。しかし、皮膚が薄くデリケートゾーンである陰部には使うことはおすすめできません。

 

実質、安心して使うことができるのが黒ずみクリームとなっているので、ケアの方法として利用者が多いのです。

 

陰部は顔や他の黒ずみと違ってケアの方法はよく考えて行いましょう。余計に黒くなってしまえば解消するまでに時間がかかりますし、真皮と呼ばれる角質層の奥まで色素沈着をすれば、取り返しがつかなくなります。

 

黒ずみを解消することに関しては下記でも詳しく解説をしています。
陰部の黒ずみを美白する方法やクリーム

陰部の黒ずみを解消するケア!黒ずみクリームで美白が効果的!記事一覧

陰部の黒ずみケアとして有効なのが美白成分と保湿成分が含まれた化粧品や化粧水を使うことです。しかし、陰部はデリケートゾーンと呼ばれたりもするので、顔に使っている化粧水を使って良いものなのか心配になるものです。結論からいえば効き目を感じることができる可能性はあります。しかしながら逆に黒ずみがもっと酷くなってしまう副作用の可能性も考えられます。その為、一概に顔用の化粧品を陰部に使うのはおすすめすることは...

陰部の黒ずみをホームケアする方法のひとつがピーリングを使った方法です。黒ずみの原因は皮膚に色素を持つメラニンが沈着をしてしまっていることです。そのため、黒ずみを解消するのであれば、色素沈着をした皮膚を排出する必要があります。ピーリングは古い皮膚である角質をはがす働きがあるので、色素沈着をした皮膚ごと外に排出する効果が期待できるのですね。皮膚はターンオーバーと呼ばれる周期によって古い皮膚を角質として...