MENU

陰部の黒ずみに効く2つの薬

 

陰部の黒ずみを治す方法として薬があります。

 

人気のある薬としては下記の2つがあります。

 

  1. ハイドロキノン
  2. トレチノイン

 

ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれ、黒ずみの原因となっているメラニン色素を作り出すのを抑制するだけではなく、メラニンを生成しているメラノサイトと呼ばれる細胞を、減少させる効果のある薬です。

 

トレチノインに関しては表皮を活性化させる効果があります。そのため、ターンオーバーを促進させる効き目があり、色素沈着をしているメラニンを外に排出する効能が期待できます。

 

基本的には黒ずみクリームと同じで、メラニンの生成を抑制し、ターンオーバーによって色素沈着を解消していく方法となるのですね。

 

しかし、化粧日とは違い、薬であることからも分かるように、人体への働きは高いです。但し、副作用のリスクを伴うので、更に症状を悪化させてしまったり、別の症状があらわれることもあります。

 

陰部の黒ずみの薬について副作用や効き目、具体的な商品名や販売店舗などまとめて解説をしていきます。

 

陰部の黒ずみにオロナインの特徴

 

実家などで暮らしている人でオロナインを常備している家庭も多いです。

 

そのため、オロナインはニキビなどの肌トラブルにも効果があるので、陰部の黒ずみに使う人もいるのですね。
オロナイン軟膏の効果や効能としては抗炎症作用などです。

 

そのため、陰部の黒ずみに使用をしても効き目を感じることはないです。
黒ずみは炎症をしている訳ではなく、メラニンの色素沈着です。

 

炎症を抑える薬を使ったとしても効き目を感じることはないのですね。

 

陰部の黒ずみにハイドロキノンを使う特徴

 

多くの美白化粧品にも配合されていることの多い成分がハイドロキノンです。

 

ハイドロキノンは美白成分とは違い、メラニンの生成を抑制するだけではなく、メラノサイトの細胞を減少する効き目があります。
体内でメラニンが作られるのを防ぐ為、美白効果が高いのですね。

 

肌にはもともとターンオーバーの働きがあるので、色素沈着した皮膚を剥がす働きは行われています。
そのため、メラニンが作りだされさえしなければ、肌メラニンは段々と外に排出がされ、黒ずみを治療する効果があります。

 

陰部の黒ずみにハイドロキノン薬を使うのであれば、濃度の高い物が利用されています。
しかし、濃度が高いと肌への作用も高く副作用が生じるリスクが高くなってしまいます。

 

そのため、薬局やドラッグストアでは市販がされておらず、病院で処方をして貰う必用のある薬です。
ユークロマクリームと呼ばれるクリームを輸入代行業者を利用して、海外から取り寄せて使う人もいますが、おすすめはできないです。

 

日本で医者でなければ処方ができないように規制がされている薬を、海外から購入する訳ですからね。

 

陰部の黒ずみにハイドロキノンを使った効果や副作用についてもっと詳しく知りたい方は『陰部の黒ずみにハイドロキノンの効果と副作用』で解説しているので、ご覧ください。

 

陰部の黒ずみにトレチノインを使う特徴

 

陰部の黒ずみを治すためにハイドロキノンと一緒に使われることが多いのがトレチノインです。

 

トレチノインは肌のターンオーバーを促進させる作用があります。ターンオーバーの働きによって古くなった皮膚である角質を剥がす効果が期待できるのですね。

 

陰部の黒ずみの原因はメラニンが皮膚に色素沈着をしていることなので、色素沈着をしている角質を剥がすことによって、黒ずみを治すことができます。

 

ただ、デメリットとしては必用以上に角質を剥がしすぎてしまうことです。そのため、刺激から守る役割であるバリア機能は低下をしてしまい、肌が荒れたり赤く腫れたりする副作用もあります。効き目が高い物を求める人は多いですが、効能が強すぎると副作用が生じるリスクが生じることもあるのですね。

 

ハイドロキノンとトレチノインは一緒に使われることが多いです。

 

陰部の黒ずみにトレチノインを使った効果や副作用について詳しく知りたい方は『陰部の黒ずみのトレチノインの効果と副作用』で解説しているので、ご覧ください。

 

陰部の黒ずみに効く市販薬はある?

 

陰部の黒ずみに効く薬であるハイドロキノンやトレチノインに関しては濃度が高いと市販薬ではなく処方箋が必用となります。
そのため、黒ずみに使うようなのは薬局などでは販売がされていません。

 

ただ、市販薬に関してはありませんが、医薬部外品に関しては病院へいかづとも購入することが可能となっています。

 

医薬部外品には薬用成分が配合されていますが、薬ほど肌に与える作用がある訳ではありません。そのため、市販されているクリームなども多いですが、あまり薬局で見かけることはなく、陰部の黒ずみに使う人気のは通販で販売していることが多いです。

 

医薬部外品のクリームであれば病院での処方もいらないですし、薬のような副作用の心配をする必用はないです。
そのため、陰部の黒ずみに薬を使うのであればおすすめは市販薬ではなく、医薬部外品となります。

 

詳しくは『陰部の黒ずみに市販薬』で解説をしています。

 

陰部の黒ずみに薬を使った方法のまとめ

 

陰部の黒ずみに薬を使った方法を探す人は多いですが、副作用のリスクがあったり、病院で処方をして貰わなければなりません。

 

特に副作用のリスクもあるので、デリケートゾーンに使用をするのはあまりおすすめができないです。余計に黒くなってしまったり、陰部が荒れてしまうようなリスクを伴います。

 

そのため、おすすめとしては人気となっている医薬部外品の黒ずみクリームを使うことです。
薬局などで市販がされておらず、通販での販売が主流となってる商品も多いですが、効き目を感じている人も多いです。

 

そのため、陰部の黒ずみを薬で治したいって人であれば、副作用のリスクを心配しないで良い、医薬部外品を使うのがおすすめです。

 

人気の医薬部外品のクリームに関しては陰部の黒ずみを美白する3つの方法』で紹介をしています。

陰部の黒ずみに効く薬のまとめ!市販薬の効果や副作用記事一覧

陰部の黒ずみをハイドロキノンを使って美白する方法があります。ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれ、効き目が高いと評判のある美白化粧品に配合がされてることも多い成分です。しかし、効き目が高い分肌への作用は強く、副作用のリスクを伴う薬です。ハイドロキノンを使った黒ずみを美白する方法は、美容皮膚科や美容整形外科などの病院でも、使われることのある美白方法です。主にトレチノインと呼ばれる薬と一緒に使う方法が人...

陰部を美白したい人に使われる薬がトレチノインです。ハイドロキノンの濃度が1%以上のクリームと一緒に併用して使われることが多いです。トレチノインはハイドロキノンと使うことで、黒ずみを解消する効果が期待できます。そのため、陰部を美白したい人に人気となっている薬なのですね。ここではトレチノインの効果から副作用までまとめて解説をしています。陰部が黒いのを薬でどうにかしたいって人はご覧ください。陰部にトレチ...

陰部の黒ずみに効く薬として人気となっているのは2つあります。ハイドロキノントレチノインこの2つを使うことによって、美白効果とターンオーバーの促進の2つの効き目が期待できます。ハイドロキノンによってメラニンが分泌されるのを防ぎ、トレチノインによって、色素沈着している古い皮膚を排出するのを促進させるからです。効き目が高すぎて白斑と呼ばれる、色が薄くなって白くなる症状が発症するほどの副作用があるほどとな...