MENU

陰部の黒ずみに効く薬として人気のは2つ

 

陰部の黒ずみに効く薬として人気となっているのは2つあります。

  • ハイドロキノン
  • トレチノイン

 

この2つを使うことによって、美白効果とターンオーバーの促進の2つの効き目が期待できます。

 

ハイドロキノンによってメラニンが分泌されるのを防ぎ、トレチノインによって、色素沈着している古い皮膚を排出するのを促進させるからです。効き目が高すぎて白斑と呼ばれる、色が薄くなって白くなる症状が発症するほどの副作用があるほどとなります。

 

そのため、陰部の黒ずみを美白したいって人に人気となっている薬なのですね。

 

ここでは陰部の黒ずみに効くハイドロキノンやトレチノインは市販されているのかについて紹介していきます。

 

陰部の黒ずみに効く市販薬はある?

 

ハイドロキノンとトレチノインが配合されているものに関しては市販がされています。

 

ただ、薬局やドラッグストアで販売されている市販薬に濃度を高くしたのを取り扱うことはできません。肌への作用が高く副作用もあるので、医師の処方が必要となるのですね。

 

市販薬については販売がされていませんが、ハイドロキノンとトレチノインが配合されている化粧品は、取り扱われていることも多いです。

 

濃度が低いものであれば、化粧品にも配合をすることができ、薬局などでも取り扱いをすることができるようになっているのですね。

 

濃度が低いのでも効果はある?

 

薬局やドラッグストアで購入して、陰部の黒ずみに使うのであれば、濃度が低いものとなってしまいます。

 

成分が配合されてはいるので、効き目に関しては期待をすることはできます。
美白化粧品でハイドロキノンが配合されているのを、売りにしている物もありますからね。

 

しかし、陰部の黒ずみにハイドロキノンを使う人の多くは、濃度の高い物を病院などで処方してもらっている状況となります。美容皮膚科や美容整形外科などで取り扱いが行われていたりするので、診察を受けて購入をしているのですね。

 

成分は配合されているので効果は期待できますが、濃度が濃いのが欲しければ病院へ行く必用があります。

 

薬ではなく医薬部外品なら市販がされている

 

薬と化粧品の中間に位置するともいわれる、医薬部外品であれば、市販がされています。

 

陰部の黒ずみ用の医薬部外品となっているクリームもあり、多くの人が効果を感じているものもあります。薬のように副作用のリスクに悩まされることもないので、黒ずみを美白したいのであれば、おすすめは市販されている黒ずみクリームを使うことです。

 

ハイドロキノンやトレチノインなどの成分に関しては陰部の黒ずみクリームには配合がされていません。それはデリケートゾーンでもあるので、刺激に弱いので副作用のリスクが伴うからです。

 

薬局やドラッグストアではほとんど販売がされていませんが、通販で購入することはできるので、病院へ行く必用はないです。
肌に優しく手間もかからないので、陰部の黒ずみを美白したいのであれば、効果の感じている人も多い医薬部外品となっているクリームを使うのがおすすめとなります。

 

医薬部外品の黒ずみクリームについては『陰部の黒ずみを美白する3つの方法』で詳しく解説しているのでご覧ください。

 

 

関連ページ

陰部の黒ずみにハイドロキノン
陰部の黒ずみにハイドロキノンを使った美白する方法について解説をしています。ハイドロキノンの効果や副作用などまとめて紹介。濃度が高いと医師の処方が必要となるので取り扱いには注意をしましょう。
陰部の黒ずみにトレチノイン
陰部の黒ずみにトレチノインを使った効果や副作用について解説しています。トレチノインはハイドロキノンと一緒に使えば美白効果とターンオーバーの促進が期待できます。