MENU

陰部が乾燥するとかゆみや黒ずみへ

 

おまた周辺のデリケートゾーンである陰部も同じ肌なので乾燥をすることがあります。

 

カサカサとなってしまい、ひび割れなどの症状が起きれば、かゆみや臭いに悩まされることもあります。
そして、症状が悪化すれば酷いかゆみからかいてしまい黒ずみができることもあります。

 

陰部はデリケートゾーンと呼ばれるだけあって、皮膚が薄いため、乾燥がしやすいだけでなく、刺激を与えてしまうのは気おつけなければなりません。

 

ここでは陰部の乾燥を保湿するケアについて解説をしていきます。また、乾燥が続くことによっておこる痒み・黒ずみについても紹介をしています。
陰部が乾燥をすることで真っ黒になってしまうことも考えられるので、早めにケアをしていきましょう。

 

陰部は蒸れやすく肌トラブルに悩まされやすい

 

陰部はズボンにパンツに密封された空間となるので、蒸れやすいです。
特に股の部分に関しては汗をかく人も多いです。

 

陰部が乾燥をすることでバリア機能が低下をしてしまい、肌を刺激から守ることができなくなってしまいます。

 

そのため、刺激を与えることでかゆみを引き起こすこととなります。
また、肌への刺激を与えることで角質層の奥にあるメラノサイトにて、メラニンが生成され分泌されることとなります。

 

メラニン色素が肌に色素沈着をすることで黒ずみができてしまい、色が黒くなってしまう原因になるのですね。

 

乾燥してバリア機能が低下することによって、かゆみや黒ずみなどの症状を引き起こすようになってきます。
特に陰部は刺激に弱いデリケートゾーンでもあるので、肌トラブルに悩まされやすいのですね。

 

陰部が乾燥してかゆいなら保湿ケア

 

陰部がかゆいのであれば、保湿ケアをすることが大事となります。

 

かゆみの原因は刺激を与えてしまい肌が炎症をしてしまっている為です。そのため、フェミニーナ軟膏などの抗炎作用のある薬で炎症を鎮めるのも効果的です。

 

ただ、保湿ができている訳ではないので、乾燥をしたままとなってしまいます。何のケアもしなければ、また炎症を引き起こしてしまいかゆみが続くことにもなりかねないのですね。

 

そのため、保湿ケアをしていくようにしましょう。
バリア機能を高めることで、刺激から肌を守ることで炎症を引き起こさないようにするケアしていくことが大事となるのですね。

 

少し下で紹介をしますが、陰部はデリケートゾーンでもあるので、肌に優しい成分で作られた陰部用の化粧品やクリームを使いましょう。

 

ケアの方法やどんなクリームを使うか詳しく知りたい人は『陰部がかゆい原因は乾燥』で解説していますので、ご覧ください。

 

乾燥による刺激で黒ずみができる

 

乾燥をすることによって引き起こされるのはかゆみだけではありません。
陰部の黒ずみの原因にもなります。

 

黒くする原因はメラニン色素が皮膚に色素沈着をしてしまう為です。乾燥をしてバリア機能が低下した肌に刺激を与えることによって、メラニンが体内で生成をされます。

 

その分泌した色素が付着することによって陰部が黒くなってしまうのですね。

 

黒ずみを解消するケアとしては美白をすることです。
美白成分によってメラニン色素の生成を抑制し、保湿成分によって肌に潤いを与えバリア機能を高めることで。陰部の美白が可能となっています。

 

陰部の乾燥を保湿するなら低刺激のクリーム

 

陰部は乾燥・かゆみ・黒ずみの3つの肌トラブルで悩まされますが、大事なのは保湿をしてバリア機能を高めることです。
しかし、日頃使っている顔用の化粧品だとデリケートゾーンに使うことで刺激を与えてしまうことにもなりかねません。

 

陰部はデリケートゾーンでもあり、皮膚が薄い為刺激に弱い部分となっています。そのため、できるだけ刺激を与えないような低刺激のクリームを使うようにしましょう。

 

代表的なのであれば、陰部の黒ずみクリームです。
医薬部外品となっており、保湿成分と美白成分の両方が配合されています。

 

そのため、黒ずみ・乾燥・かゆみの3種類のケアを同時に行うことができる化粧品となっています。

 

 

陰部の乾燥はかゆみや黒ずみの原因!股のカサカサを保湿するケア記事一覧

陰部がかゆいなんてことはありませんか?デリケートゾーンでもあるおまたの部分に関しても皮膚でできています。そのため、乾燥をすることによってバリア機能が低下をしてしまい、痒みを引き起こす原因にも繋がります。肌は保湿剤の膜であるバリア機能によって外的刺激から守られています。しかし、乾燥をしてしまい、カサカサとなるとバリア機能が低下をし、刺激を防ぐことができなくなります。そのため、陰部は炎症をしてしまい、...