MENU

陰部のかゆみの原因

 

陰部がかゆいなんてことはありませんか?

 

デリケートゾーンでもあるおまたの部分に関しても皮膚でできています。
そのため、乾燥をすることによってバリア機能が低下をしてしまい、痒みを引き起こす原因にも繋がります。

 

肌は保湿剤の膜であるバリア機能によって外的刺激から守られています。
しかし、乾燥をしてしまい、カサカサとなるとバリア機能が低下をし、刺激を防ぐことができなくなります。

 

そのため、陰部は炎症をしてしまい、かゆみを引き起こす原因となってしまっているのですね。
かゆみを止めるためにはバリア機能を高めるケアをすることが大事となります。

 

陰部のかゆみを止めるケア!保湿が大事

 

陰部の乾燥によるかゆみを止めたいのであれば、大事なのは保湿をすることです。

 

保湿をすることによって、バリア機能が高まり、肌への刺激を防ぐことができます。
そのため、刺激によって炎症をするのを抑えることができるのですね。

 

しかし、陰部は他の顔と同じように顔用の化粧品を使うことで、更に悪化をさせてかゆくなる原因にもなりかねないです。
デリケートゾーンと呼ばれるように、皮膚が薄くなっており、刺激に弱い部分でもあるからです。

 

そのため、陰部のケアをするのであれば低刺激のクリームを使うようにしましょう。

 

石鹸やボディソープでヒリヒリするなら注意

 

陰部がかゆいだけでなく、石鹸やボディーソープで洗っている際にヒリヒリするのであれば、注意が必要です。

 

石鹸やボディソープの多くには界面活性剤と呼ばれる、食器洗剤などに配合されている、汚れを落とす成分が含まれています。
しかし、肌への刺激もあり、乾燥した部位に使うことでヒリヒリと感じるようなこともあります。

 

刺激から症状を悪化させてしまうことにもなりかねないのですね。

 

そのため、ボディウォッスをしていて刺激を感じるのなら、肌に優しい成分で作られたような、デリケートゾーン石鹸などに変えると良いです。
ただ、勘違いをして欲しくない点がひとつあります。

 

デリケートゾーン石鹸の多くも保湿成分を前面的に出して販売しているのもありますが、効果はそこまで期待できないと考えた方が良いです。
化粧水や化粧品とは違い、短時間で洗い流してしまうので、肌に浸透をする前に一緒に流れ落ちてしまうのですね。

 

あくまでデリケートゾーン石鹸は汚れを落とす低刺激のソープと考えるようにしましょう。
また、ゴシゴシと洗うのではなく、丁寧に泡を使って優しく汚れを落とすように気おつけてください。

 

陰部のかゆみを止めるケア

 

陰部の乾燥によるかゆみを止めるケアで大事なのは保湿をすることです。

 

しかし、デリケートゾーンなので低刺激で作られたクリームなどを使うのがおすすめです。
顔とは違い皮膚が薄いので、刺激成分が配合されているのは利用をしない方が良いです。

 

特に乾燥をしているのであれば、炎症を引き起こし更にかゆみを酷くする可能性もあります。

 

低刺激のクリームとしては陰部の黒ずみクリームがあります。
美白成分と保湿成分の両方が配合されており、医薬部外品と厚生労働省から認可されているものも多いです。

 

陰部に使えるように低刺激の成分を配合してクリームが作られているので、お風呂上りに毎日使い、保湿を行っていきましょう。