MENU

陰部の黒ずみを病院で治療するなら何科?

 

病院と医者

 

陰部の黒ずみは病院で治療をする方法もあります。

 

自宅で美白化粧品を使っても効果を感じることができなかったり、病院なら医者もいるので安心できるって人で選ぶ人は多いです。

 

治療を行っている病院としては下記の3つです。

 

  1. 皮膚科・クリニック
  2. 美容外科
  3. 産婦人科

 

ただ、小さい診療所のような病院では行っていないことも多いです。そのため、施術を受けたいのであれば事前にホームページなどを確認してから行くのがおすすめとなります。

 

ここでは病院での黒ずみを治療する方法について、まとめて全て解説していきます。効果や治療費についても詳しく知りたい方はご覧ください。

 

どの病院を選ぶかで手術の方法も違う

 

治療といっても病院によって施術の方法は異なってきます。

 

美容外科であれば全ての治療方法を行われていることが多いです。薬の処方からレーザーを使った手術の設備が整っていることが多いです。

 

但し、治療費に関しては健康保険が適用されず、高額になりやすいです。

 

皮膚科や産婦人科のような一般的に病院に分類される場所であれば、薬での治療が一般的です。

 

陰部の黒ずみは病気ではありません。刺激や乾燥によってメラニンが色素沈着をしているのが原因となります。

 

そのため、皮膚科のような場所では美容の治療方法であるレーザーの設備が無いことが多いです。

 

病院で陰部の黒ずみを治す方法!

 

病院で陰部の黒ずみを治すのであれば方法としては2種類です。

 

  • レーザーを使った治し方
  • 薬を使った治し方

 

どちらの方法を選ぶのかにもよって、治療費・効果・副作用・通院回数も異なってきます。
そのため、どの治療方法を選びたいのかにもよって、通院する病院は選ぶようにした方が良いです。

 

美容外科の治療!レーザー治療

 

美容皮膚科や美容外科と呼ばれる美に関することを扱う病院で行われるのがレーザー治療です。

 

レーザーの種類もレーザートーニングかインティマレーザーと2つあります。
陰部といっても部位の範囲は広いです。

 

Vライン・Iライン・アソコなど股の全体的な意味で使われることが多いです。

 

どの部分の治療をするのかまたは全体を治療するのかにもよって使われるレーザーの種類は異なってきます。
美容外科でも薬での治療は行われていますが、レーザーでの手術を受けたいって人の選択肢になることが多いです。

 

レーザーを1度照射しただけで、黒ずみが解消できる訳ではありません。
そのため、複数回の治療が必要となり、治療費も高額で通院をする必用もでてくる治療方法となります。

 

もっと詳しく知りたい方は『陰部の黒ずみにレーザー手術!黒ずみを除去する効果と治療費』で解説をしていますのでご覧ください。

 

皮膚科や産婦人科の治療!薬を使ってメラニン色素を除去

 

皮膚科や産婦人科で行われる治療としては薬を使っていきます。

 

肌の漂白剤ともよばれる「ハイドロキノン」の濃度が少し高めのクリームを処方してもらい、ホームケアを行っていく方法です。効果を高めたい人はトレチノインと呼ばれるクリームの2つを一緒に利用して治療を行っていきます。

 

ハイドロキノンで黒ずみの原因であるメラニンを作りだす細胞を減少させ、トレチノインでメラニン色素を外に排出させていく効果が期待できます。

 

ただ、どちらの薬に関しても肌への刺激が強く、副作用の危険性もあるクリームとなります。

 

ハイドロキノンは美白化粧品にも配合がされていますが、それは濃度を低くしています。しかし、病院で処方されるのは濃度が高めとなっています。そのため、効果は高いが肌への刺激も強くなってしまいリスクは高くなります。

 

濃度を高いのは薬局やドラッグストアでは販売ができなく、病院での処方に限られています。そのため、薬を使って黒ずみを除去したいのなら皮膚科や産婦人科で処方をして貰う必用があります。

 

もっと詳しく知りたい方は『皮膚科や産婦人科での黒ずみ治療!効果や治療方法について』で解説をしていますのでご覧ください。

 

エステを利用する人もいる!効き目はあるの?

 

黒ずみにもエステを利用するって口コミはたまに見かけることがあります。

 

しかし、その多くはフェイシャルエステとなっています。顔の毛穴の黒ずみのや汚れを取るために行われる治療方法です。

 

そのため、基本的には陰部の黒ずみに関する治療を行っていないことがほとんどです。

 

美容クリニックをエステと勘違いして発言している人もいるはずです。

 

エステではなく、陰部の黒ずみ治療には美容クリニックを利用しましょう。

 

おすすめ手術はレーザー治療!

 

陰部の黒ずみを病院で治療するのなら、おすすめは美容皮膚科で行われるレーザー手術です。

 

治療費が高額で、何度も通院をしなければいけないデメリットはあります。
しかし、皮膚科や産婦人科での薬を使った治療だと副作用のリスクを考えなければなりません。

 

陰部に黒ずみができてしまう原因は刺激を与えたことによってメラニンが分泌され、色素沈着をしていることです。

 

そのため、ハイドロキノンやトレチノインで刺激を与えて黒ずみが更に悪化することもあります。また、効き目が強すぎて白斑と呼ばれる丸く一部分だけ真っ白になってしまうようなこともあります。

 

陰部はデリケートゾーンとも呼ばれるように皮膚が薄く、刺激に弱くなっています。そのため、薬での治療だと自宅でケアをして、副作用があらわれると心配になってしまいます。

 

病院で治療をするのならレーザー治療がおすすめとなります。

 

病院での治療の効果!即効性はあるのか?

 

病院での治療だと医療費も高額となるので効き目が高いと考える人は多いです。

 

しかし、即効性がある訳ではなく、通院回数も何度も必用となります。
そのため、すぐに黒ずみが治るなんてことはありません。

 

病院で治療を考える人の多くが、自宅で美白ケアを行ったにも関わらず、効き目を感じることができなかった人に多い印象です。しかし、自宅での美白ケアに関しても1ヶ月程度で効き目を感じずあきらめてしまっていることはありませんか?

 

レーザー手術をしたとしても1ヶ月で黒ずみを解消できる訳ではありません。
大抵の病院が5回パックや10回パックとパック料金を設定していることからも分かるように、何度も治療をする必用があるのですね。

 

陰部の黒ずみを美白する方法

 

 

病院での黒ずみ治療の記事一覧

陰部やデリケートゾーンの黒ずみを病院で治療する方法として人気なのがレーザーを使うことです。美容皮膚科や美容整形外科のような、肌の美に関することを専門的に扱うクリニックで行われる治療です。健康保険が適用をされないので、総額では高額な治療になりがちですが、ホームケアで効果が感じれなかった人に人気があります。ここではレーザー治療の効果をはじめ、治療費や副作用について解説をしていきます。施術後に関してもク...

陰部の黒ずみを解消する方法としてあるのが、皮膚科や産婦人科での治療です。ホームケアとして美白化粧品を使うのに比べ、薬品を使うので効果は高いです。しかし、人体への作用も強く、刺激もあるのでリスクのある治療方法でもあります。ここでは皮膚科や産婦人科での黒ずみ治療について詳しく解説しています。治療費用治療方法や効果副作用のリスク以上の3点について紹介をしていきます。産婦人科や皮膚科で陰部の黒ずみ対策をし...

医薬部外品のクリームなどを使って自宅でケアをするのではなく、病院やエステなどその他の方法で黒ずみを解消するなら下記の3種類の方法となります。ハイドロキノンなどの医薬品を使った治療(副作用のリスクあり)美容クリニックでの治療エステでの治療個人的には価格や副作用の点を考えるとまずは自宅でのケアがおすすめとなります。しかし、症状があまりにも酷かったり、あまり改善効果を期待できなかった人もいるかと思います...