MENU

皮膚科や産婦人科での陰部の黒ずみ対策

 

陰部の黒ずみを解消する方法としてあるのが、皮膚科や産婦人科での治療です。

 

ホームケアとして美白化粧品を使うのに比べ、薬品を使うので効果は高いです。
しかし、人体への作用も強く、刺激もあるのでリスクのある治療方法でもあります。

 

ここでは皮膚科や産婦人科での黒ずみ治療について詳しく解説しています。

 

  1. 治療費用
  2. 治療方法や効果
  3. 副作用のリスク

 

以上の3点について紹介をしていきます。

 

産婦人科や皮膚科で陰部の黒ずみ対策をしようと考えている方は施術前に確認ください。

 

皮膚科での陰部の黒ずみ治療!方法と効果について紹介

 

皮膚科や産婦人科などの病院で行われる治療は薬を使います。

 

ハイドロキノンが配合されたクリームを肌に付けることで、メラニン色素を作りだす「メラノサイト」の細胞を減少させることができます。そのため、メラニンの発生を防ぐ効果が期待できます。

 

また、トレチノインクリームを合わせて使うことで、肌に色素沈着しているメラニンを外に排出させることができます。

 

メラニンを作りだす細胞を少なくし、角質層の色素を外に出してしまう効果が期待できるのですね。

 

病院での治療方法としてはレーザーなどもありますが、美容クリニックや美容整形外科で行われる治療となります。皮膚科や産婦人科に関しては薬を処方して、自宅でホームケアをして黒ずみの解消をしていく方法となります。

 

レーザーについては『陰部の黒ずみにレーザー手術』をご覧ください。

 

薬は薬局やドラッグストアで販売しているのか?

 

ハイドロキノンは化粧品に配合されていることもある成分です。

 

しかし、病院で処方されるのに比べ、配合されている濃度は少なくなっています。
ハイドロキノンの濃度が高いのは病院で無ければ処方をすることができません。

 

そのため、日本の薬局やドラッグストアなどで市販はされていません。

 

海外では薬局でも販売できるので、個人輸入と呼ばれる方法で通販間隔で購入することはできます。
ただ、日本では医者の処方が必用な薬を医師の説明なしで使うことなのでおすすめできません。

 

副作用のある薬なので注意をしましょう。

 

治療費はいくら?ハイドロキノンクリームの処方と診察料

 

皮膚科や産婦人科で陰部の黒ずみ治療をするのであれば、ハイドロキノンの処方と診察料の2つがかかります。

 

診察料は病院にもよって異なりますが、1000円から3000円程度かかります。
ハイドロキノンとトレチの員は各5000円程度となっています。

 

但し、病院によっては2000円程度でクリームが処方されることもあります。
そのため、治療費はどの病院かにもよって金額は異なります。

 

そのため、初診で1万円程度の治療費がかかると考えておくと良いです。

 

治療期間はどれぐらい?通院の回数と期間

 

皮膚科や産婦人科での治療期間としては3ヶ月程度かかることが多いです。

 

ハイドロキノンは肌の漂白剤とも呼ばれ、肌への作用も強いとされています。しかし、すぐに黒ずみを解消するような即効性のある魔法の薬ではありません。

 

そのため、3ヶ月程度の使用を目安としている病院も多いです。

 

但し、人によっては効き目は違うので早めに効果があらわれることもあります。

 

通院する回数によって治療費は診察料やクリームの処方がかかり、高くなっていきます。また、副作用があらわれ、医師に相談をするケースも考えられます。

 

黒ずみ治療の副作用!刺激による悪化や肌荒れ

 

ハイドロキノンやトレチノインの副作用としては刺激が強いことです。

 

そのため、陰部の黒ずみの悪化、肌荒れ、皮膚炎、赤み、かゆみなどがあります。

 

陰部はデリケートゾーンとも言われるように皮膚が薄くなっています。そのため、刺激に弱くなっているので、ハイドロキノンの濃度が濃いとリスクが高まります。

 

乳首の色をピンクにする為にも使われている薬ですが、乳輪が大きくなったなどのこともあります。

 

黒ずみ治療に効果のある薬ではあるのですが、副作用もあり取り返しの付かないことになるリスクのある方法となります。

 

他の病院での治療方法については『陰部の黒ずみを病院で治療』で紹介しています。

 

副作用の心配なく安全に陰部を美白する方法

 

陰部の黒ずみが酷いと遊び人と思われてしまうので、なんとか解消をしたいものです。
しかし、副作用のリスクがあるので安易に薬を使うのはおすすめできません。

 

安全に黒ずみを美白したいと人気になっている方法が医薬部外品のクリームを使うことです。

 

ハイドロキノンは配合がされておらず、肌に低刺激の成分で作られたクリームとなります。
人気のであればTVで紹介がされたりなど、安全に美白をできるので人気が高いです。

 

詳しくは『陰部の黒ずみを美白する方法』で解説しています。

 

関連ページ

レーザー手術の効果と治療費
美容外科や美容皮膚科で行われているレーザー治療について解説しています。陰部の黒ずみを除去する効果が高く人気の方法です。レーザーの種類もいくつかあるので効果と治療費や治療回数を紹介。